弟の死別の悲しみや寂しさが癒されました

『弟の死別の悲しみや寂しさが癒されました』

☆RAS(ラス)セッション体験談

70代女性

4人兄弟姉妹の私は
3番目で、4番目の弟と小さい頃、

いつも地元の新潟で遊んでいました。

母親から、弟の面倒を見ることを
言われていたこともあったため
兄姉よりも、弟のことは
特に気にかけてきました。

そんな弟が、ある日
私の自宅で「脳梗塞」で倒れてから
心配で、常に気になり、
頭から離れなくなりました。
そして数年後、弟は亡くなりました。

順番から考えて
弟が1番早く亡くなるとは
思ってもいませんでした。

まだ、兄も姉も私も
健康で働いています。だからこそ、

悔しくて、悲しくて、寂しくて。

「あ~してやればよかった」
「こ~してやればよかった」

と、後悔しても始まらないのですが
もう手遅れであるような
どうしようもない気持ちでした。

初めは時間が解決する
と思っていましたが、
そうではありませんでした。

数年も経つのですが
弟のことを考えてしまい
そんな日々を過ごしてきました。

竹田さんのストレス解放セッション
を受けてからは
「あれ?何か背負っていたのかしら?」
と思うほど、体が軽くなりました。

あれほど、日々
弟の死別の「悲しみ」や「寂しさ」に
とらわれていたのが
まるで、嘘のようです。
考える時間も減りました。

「心が軽くなった」と言いますか
心がデトックスされたみたいです。

そのぶん、体も疲れなくなりました。
ありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご予約ご連絡はこちら

お申込み & お問い合わせ