自己犠牲をしていませんか?

自己犠牲をしていませんか?

以前の私は、沢山してきました。
ボランティアで、色々なことをしてきました。

それが美徳とも思い
『貢献』という言葉さえ使って
自分を正当化していました。

自己承認ができず
自己価値を自分に感じられないので
人を通して承認を
得ようとしていたのです。

人に尽くして、相手の
「役に立つこと」で、
自分の価値を上げよう
していたのです。

その根底には、

「人の役に立たなければ、
私には価値なんてない!」

という考えにはまっていたのです。

尽くすという行為の中で
実は「取り引き」が行われています。

「私はあなたに尽くすから、
あなたは私を受け入れて
(認めて)下さい!」とね。

私が他人をコントロールして
欲しいものを得ている。

でも、まさか私がそんな人だとは
思われたくないので
「貢献」的な「尽くすこと」に
見せることができたら、
自分の心の中では、
成功だったわけです。

でも、行動の【動機が痛み】の場合
結果が(自分にとって)
痛みで終わります。

私は何年もソコに気づけませんでした。
その痛みが起きた理由が。

ずっと、私が与えた人
のせいにしてきましたが

人のせいにするのを辞めた時に
気づけたのです。

 

『貢献だ』と言いつつ、

「無償の愛の行為」ではなく

交換条件を使った

「取引行為」だったことに。

 

 

ただ、条件や取引もなく
与えている時は、
傷つくということはありません。

傷つくということは
気づかれずに(笑)

相手から何かを「得よう」と
していたからです。

「~してあげたのに」

という言葉を私は以前
使っていましたが、
この裏には要求がありました。

また「取引行為」には
依存が起こりやすいです。

依存が起きていた場合
復讐行為に発展しやすいです。

「復讐」に意識を注ぎ込むと
自分の傷を見ないように意識を
はぐらかすことができます。

「自分と向き合うこと」を
先延ばしにできるため
自己回復が難しく
なっていきます。

自己犠牲⇒取引行為⇒自己犠牲
⇒取引行為⇒自己犠牲…

というバターンを
繰り返してはいませんか?

自己犠牲は、取引行為です。

少しずつでも、意識して止めて
自分と向き合い、自己回復に
つとめられたらいいですね。

もし「私にはできな~い」
「簡単にはできな~い」
と思われたら、ご連絡下さい。

私が手放すサポートをしますから。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご予約ご連絡はこちら

お申込み & お問い合わせ