自分を認めることは、他を認めること

自分を認める

「あの人は悪い人だ」「あの人は悪いことをした人だ」

あなたが誰かを悪者にしようとした時、

その行為は、自分自身を悪者だと定義づける行為です。

自分自身を善人と思いたい時(自分は間違っていないと思いたい時)

自分の中に居る悪人(と定義づけた自分を)を裁いている時なのです。

ただ、ただ体験と

(体験で発生したエネルギーの)消化があるだけなのです。

そこに味をつける観念を手放しましょう。

※手放すは、排除することではなく、認める、受け入れることを言います

大きな(宇宙の)流れの中で

その体験にどんな意味があるのかを知った時に、

自分自身を許せるのかもしれませんね。

※本当は意味もなく、流れているだけなんです。

すべてのものは

同じもの(最小単位のもの)から出来ています。

同じものを裁くことは、自分自身を裁くことになります。

自分自身を認めることは、

他(と認識している)存在を認めること。

すべては自分からです。

自分を認める

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてください
目次
閉じる