【RAS®との出会い】

【RAS®との出会い】

僕は10代の時、大学受験を10校以上も失敗しました。

浪人生活の中、自分自身を信じられなくなりました。

絶望感にひたる中、未来に希望を持てなくなりました。

その頃から「幸せの探求」を始めました。

 

20代前半は、自己啓発本を読み

20代後半では、セミナーに没頭し、

高額の海外のセミナーにも、行くほどでした。

しかし、自分自身を根本から変えることは出来ませんでした。

 

そして、20代だけで転職を8回経験するほど

会社という組織に適応できなかったのです。

 

30代に入ると「なぜ、こんなに学んでも変わらないのか?」

を探究するようになりました。

 

僕は、無意識で自分にブレーキをかけていることに気がつきました。

しかし、そのブレーキの外し方が、ずっと分からなかったのです。

 

「こんな感情を感じるために生まれてきたんじゃない!!」

そんな思いを日々抱えたまま、生きていました。

 

「このままの人生なら、いっそ明日死のうかな?」

そんな日々で何年間も過ごしてきたのです。

だからこそ、そこから抜け出そうと

自分自身と、向き合い続けました。

 

「幸せになりたい」その一心でした。

「○○を手放せばいい」と気がついても、その手放し方が分からずにいました。

 

そして、手放し方を探し求めていた2017年5月にRAS®と出会いました。

 

RAS®を受け続けると自分の中で、変容が起こりました。

それは、あきらかに前とは違う自分だったのです。

ストレスが軽減し生きやすくなっていったのです。

加えて、気づきの質もレベルも変わっていったのを体感しました。

その間、僕の周りの環境は、何も変わりませんでした。

 

しかし、自分の心から沸いてくる感情に変化があったのです。

その後、起きてくる現象にも少しずつ変化が起こり始めました。

自分の内側(心の中)が変化したことで、

外側(外の世界)が変わり始めたのです。

 

なにより、何か良いことがなければ、

喜んだり楽しんだり出来なかった自分が

たとえ何か自分にとって都合が良いことが起きなくても

楽しいことが起きなくても

心地よい気分でいられることを体験したのです。

 

それは「あたりまえ」という概念を手放し、

感謝力が上がったことに気づきました。

 

この体験をもとに人に伝えた時、相手は喜び、

自分自身も喜んでいることに気づきました。

 

それがキッカケとなり僕は2019年5月より

RAS®認定ファシリテーターとなり、認定セッションを通して

個性としての自分を生きていくことに対して、

妨げとなっているものを手放し、

本当の自分に気づき、生きていく

ことが、できるようにサポートを続けています。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてください
目次
閉じる