ストレス解放セッションと他療法との7つの違い

こちらでは、ストレス解放セッションと他の療法との7つの違いをご説明していきます。

①セッション前のようには戻りません

他との違いでは、この部分が1番大きいです。

ストレス解放セッションは、ストレスを作り出している感情(信じ込み)を特定して、1回のセッションで解放します。

1度解放した感情(信じ込み)が元に戻ることはありません。

効果は、一生涯です。

過去の出来事にまとわりついた未消化のネガティブ(マイナス)な感情を消化しきることで、ただの出来事だけにしてしまいます。

セッションで扱ったテーマ(悩み)が気にならなくなったり、これまでとは違う考え方(価値観)を持つようになったり、同じ事においても、感情の感じ方が変わってきたり、人間関係の距離感が変わってきたり、ありのままを表現するようになったり…
変化は人によって様々です。

「生まれ変わっていく」と言っても言い過ぎではないくらいです。

今までとは違う観点(視点)から物事を見るようになってくるため、セッション後は見たり感じたりする世界が変わってきます。

②セッション中は納得されたり『笑い』が出るほどです

他の療法などでは、過去の体験を思い出して話したりするものもあります。

他にも、過去に言いたかったことを大声で気の済むまで叫んだり、代わりの人や人形に向けて気の済むまでその言動をするといったモノまで、様々です。

ストレス解放セッションでは、セッションで扱うテーマ(悩み)を箇条書きに書いていただくことで、その内容について深く聞いたり、探ったりすることはありません。

男性が椅子に座り立っている女性の手をつかんで質問している絵

テーマ(悩み)が決まれば、あとはキネシオロジー(筋肉反射)という手法を使い、腕の動きからYES・NOの反応を読み取って、ストレスを感じている原因となっている感情(信じ込み)を特定します。

女性が質問に対してYESのときとNOのときで起こる体の反応違いを示した絵

そして、特定したら「眼球筋運動」という手法によって目を動かし、解放します。

女性が目を動かして○○と信じているとつぶやいている絵

ですので、セッション中も心は「穏やか」です。

悩みを話し解放するために受けられるわけですが「それが原因だったの?」と理解が深まり納得されたり、自分の内面が分かり過ぎて「そうだったのか~」と笑いが絶えないほどです。

※眼球筋運動とは、2013年にWHO(世界保健機関)により、「負担が最も少ないトラウマに対する療法」として認められたものを応用した手法です。

③顕在意識も潜在意識も扱いません

ストレス解放セッションでは、顕在意識も潜在意識も扱いません。

ただ、個性として自分を生きていくことに対し、妨げとなっている感情を解放するだけです。

根っこにある感情を解放してしまうため、自然と潜在意識も顕在意識も変わっていきます。

ストレス解放セッションとは別の話ですが、潜在意識を書き換えるという療法があります。

実は、私自身十数年にわたり、自分自身を変えようと潜在意識を書き換える療法を数種類、受けてきました。

その結果、一時的には変化するのですが、数週間もすると元に戻ってしまいました。

それだけ、根っこにある原因を外さず(解放せず)に、たとえ上書きしても、しばらくしたら元に戻ってしまう体験を私は繰り返し経験してきました。

だからこそ、原因となっている感情(信じ込み)を根っこの部分から外すというだけで、自然と顕在意識も潜在意識も変わっていき、あたかも、潜在意識を書き換えたかのような人生になっていきます。

本来持っていた個性・本質のままに感情を感じられるようになっていくので、ワクワクしながら自分の人生を生きることができるようになっていきます。

女性が晴れやかに両手を空に仰いでいる絵

④「自分の力」で解放します

ストレス解放セッションでは、私がクライアント様の感情(信じ込み)を解放しているわけではありません。

クライアント様ご自身が、ご自身の力により未消化の感情(信じ込み)を解放しているのです。

私は、ただ「体の通訳者」であり感情の解放のサポートをしているだけです。

ですから、セッション中に私自身の意図やコントロールが入る余地はないんです。

⑤私自身がしっかりと解放されています

正面を向いているストレスクリアルーム代表

私自身、ストレス解放セッションを提供できるようになるために200回以上の様々なセッションを受けてきました。

今、振り返ると「別人だったのかな?」と思うほどです。

代替療法ができるようになるために、ひたすら自分の内側を観察し向き合い、解放し続けました。

見たくない部分も、見て認めたくない部分も、認め受け入れたくない部分も受け入れ、自分自身と向き合い続けました(今現在も)

そして、ようやくストレス解放セッションを提供できるようになりました。

実は、技術だけを学んでもストレス解放セッションはできないのです。

提供者が解放されていないと、例えばお客様と同じ「痛み(苦しみ)」を持っていると、痛み(苦しみ)同士が共鳴し合い、適切に筋肉反射を読み取れなかったり、眼球筋運動にて解放ができなかったりするからです。

ですから、クライアント様の身体と繋がり適切な答えを出してもらえるよう、私自身の内側と徹底的に向き合い解放する必要があります。

そして初めて、ストレス解放セッションを提供する側になれるのです。

⑥セッション後に身体からの宿題が出ることがあります

グラスで水を飲んでいる女性

セッション中の解放をより高めるために、セッション後、数日から数週間の期間は「水」を飲むなどの宿題が、身体から出ることがあります。

⑦代替療法であり医療行為ではありません

ストレス解放セッションは、代替療法であり医療行為ではありません。

教育的(学問的)ワークという位置づけで行っております。