感情を消化させる理由とは

感情を消化させる理由は、感情を消化する必要があるからです。

感情は「消化」されるまで残ります。

感情は感じきったり、味わいきると消化されます。

ポジティブな感情は感じたいものなので、

消化するのは安易ですが、ネガティブな感情については、

もともと感じたくも味わいたくもない感情ですし、

多くの人が「感情の消化を止めるもの」を持っています。

それは、これ以上ネガティブな感情を感じることがないように、

無意識な防御(生存)反応を含め、教えや考え方などを使って設けられています。

感情の消化を止めようとするラインの存在は、人によって違います。

感情を感じきること(消化)を許さないと感情の消化を止めようとする

ラインで、感情は折り返し、その感情を繰り返し感じるために、

似たような事象が繰り返されることになるのです。

感情は、感じきることで「消化」されます。

消化する以前に、思考でどんなに感情をコントロールしようとしたとしても

感情は横に置けても、無くなりはしないのです。

なによりも「感情消化」です。

感じた感情は「そのまま」認めることが大切なのです。

感情を解放するには、

過去に認めることの出来なかった

ネガティブ(マイナス)な感情を

忘れようとするのではなく、

否定せずに認めること、

感じきって感情を消化させること

1番の近道なのです。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてください
目次
閉じる