眼球筋運動と感情消化について

ストレス解放セッションでは眼球筋運動により、

未消化の感情(信じ込み)を根こそぎ解放します。

それは、眼球筋を大きく動かす運動で、脳のあらゆる部分を活性化させます。

それと同時に、未消化の感情(信じ込み)を言葉に発して、

感情を消化していく解放技術です。

自分にとってネガティブなことを言葉に発します。

過去に否定した感情(信じ込み)を言葉に発し、満たすことで、

信じ込みを消化させ、解放することができる技法です。

未消化の感情(信じ込み)を根こそぎ解放するには、過去に認めることが

出来なかったネガティブな感情を忘れようとするのではなく、

否定せずに認めることと、感じきって消化させることが1番の近道なのです。

目次

眼球筋運動を取り入れた他の手法の一例

ストレス解放セッションと似ているEMDRという療法があります。

EMDRは、アメリカの臨床心理士であるフランシーン・シャピロ博士が

開発した新しい心理療法です。

2013年にはWHO(世界保健機関)により、眼球筋運動を取り入れた

EMDRの手法は、患者への負担が最も少ない解消療法として推薦されています。

EMDRが実際の現場でどのように使われているのか、

以前NHKのクローズアップ現代で放送されたことがありました。


☆EMDRの手法を取り入れて

日本で開発されたものを

更に応用したものがストレス解放セッションになります。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてください
目次
閉じる