自分と向き合うというのは自分を知るということ

「こんな感情を感じたくない!」

と思うことはありませんか?

感情は、感じきって消化する必要があります。

そうしないと、続いたり

場所や人や出来事を変えて

同じ(パターン)のように

繰り返すことになるからです。

自分と向き合うというのは

自分のいたらないところを責めたり、

感情に浸って落ち込み続けたりすることではなく、

ただ、自分自身の中にあるものを見て

自分を知って、受け入れて、認めて、

消化していくことです。

ストレス解放セッションでは

悩みの原因となっている

感情を解放していくワークですが

その感情が湧いてきて感じきった後、

自分自身の中にあるものをどう見ていくのか

コツを参考までに、下記に記載します。

<<怒り・意欲>>

その感情がどこから湧いてきたのか

発生源を自分自身の中に探してみて下さい。

気づければ、そこが消化のポイントになります。

ほとんどの場合、気づくことで消化されます。

その際、受け入れずに否定をすると

感情が繰り返しますから、

ジャッジせずに、素直に認めて下さいね。

<<支配>>

「誰かや何かをどうにか変えたい!」

と思った時は、

「本当は何をどうしたいのか?」

自分の中にある自分の欲求を見ていきましょう。

自分の本当の欲求を知ったら、

自分で叶えていきましょう。

<<悲しみ>>

その気持ちに寄り添ってみて下さい。

寄り添うことが出来れば、消化していきます。

※ポイント

今、あなたがやっている言動は

明るい未来に向いているものなのか

過ぎ去った過去に向かっているものなのか

見ていくこともして下さいね。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてください
目次
閉じる