ストレス解放セッションの流れ

ストレス解放セッションの流れ

STEP
ご予約・お問い合わせ
スマホを操作している若い女性

まずは、ホームページかLINE、もしくはお電話にてご予約・お問い合わせください。
ご相談は無料となりますのでお気軽にご連絡ください。

下向きの矢印
STEP
ご来店(出張)・受付
ストレスクリアルームの外観・入口の様子の画像

ご来店の場合、ご予約の日時となりましたら当店にお越しください。
出張セッションの場合は、ご予約の日時にご指定の場所にお伺いいたします。

下向きの矢印
STEP
ヒアリング(悩みを聞きます)
女性と向かい合ってヒアリングしているストレスクリアルーム代表

セッションで扱いたい悩み(テーマ)をヒアリングしたり、セッションシートにご記入いただきます。
○解決したいこと
○問題になっていること
○不安や恐怖を感じていること
○ストレスに感じていること
○ストレスになっている人(相手)
○執着したり、未練を感じていること
○解放されたいことなど
※あくまでも、テーマですので内容を必要以上に、こちらからお聞きすることはありません。
また、思い出したくないことを思い出したり、ご説明いただいたり、再体験することもありませんのでご安心ください。

下向きの矢印
STEP
準備(反応テスト)・特定
女性の腕を掴み体の反応を確認しているストレスクリアルーム代表

筋肉反射(キネシオロジー)で質問に対し、YES・NOの反応を適切に取れるよう確認や準備をします。
確認・準備の後、筋肉反射を使ってお悩み(問題)の原因となる「信じ込み(ネガティブな感情)」を特定します。

下向きの矢印
STEP
原因を解放
女性の頭の辺りに手をかざし解放しようとしているストレスクリアルーム代表

特定した「信じ込み(ネガティブな感情)」を声に出しながら、目を上下や左右に動かす眼球運動を行います。
それにより、悩みや苦しみを作り出している原因を解放していきます。

※眼球運動とは、2013年にWHO(世界保健機関)により、「負担が最も少ないトラウマに対する療法」として認められたものを応用した手法です。

下向きの矢印
STEP
セッション後の確認・相談
女性と向かい合って微笑むストレスクリアルーム代表

セッション後に行うことを体から聞いて、お伝えします。
行う内容や実施期間など、解放シートに記載してお渡しします。
これで、セッション終了となります。

セッションを受けて頂くにあたっての
【注意事項】
  1. 代替療法であり、医療行為ではないことをご理解下さい。
    教育的(学問的)ワークとして行っております。
  2. 目を動かす手法で原因(感情)の解放を使います。
    目を動かすことで、目と脳が疲れることがありますので、セッション当日は無理のない予定(スケジュール)で過ごされることをオススメします。
    加えて、コンタクトレンズ着用の場合は、目が不快になる場合に備えて、コンタクトレンズを外す(ケースの)準備をして頂くのが、オススメです。
  3. セッション中に、お水をたくさん飲んで頂く場合があります。
    そのため、セッション前に食事を取り過ぎると、セッション中にお水を飲むのがつらくなる事もございます。
    セッション直前は満腹状態にしないことをオススメしています。
  4. 妊娠中や妊娠の可能性がある方は、安定期に入ってからセッションが可能となります。
    ご本人様でご注意頂き気になる場合は、お申し込みの際に、その旨お申し出ください。