劣等感を手放し、自己否定をやめ気力が湧きました【新潟県|40代男性】

劣等感を手放し、自己否定をやめ気力が湧きました

(新潟県|40代男性|Iさん)

【RAS®(ラス)セッション体験談】

「同期や後輩よりも

仕事はできるはずなのに

出世で先を越された。

なんだか頑張るのが

バカらしくなってきた」

「どうせ、私なんて…」

そんな気持ちを持ち続けてきました。

【人と自分を比べてしまう】

のが癖(クセ)になって

いつも、自分を否定してきました。

他人と比べたところで、

自分の現状は、何1つ変わらなかったです。

むしろ、ネガティブな感情に浸ったぶん、

気持ちは、どんどん落ち込んでいきました。

私なりに今まで、努力をしてきたつもりです。

休みは、自分自身を磨くため

本を読んだり、セミナーに通ったり

自分が成長し学ぶことに時間を注ぎ

「幸せになろう」と必死でした。

自分の中で、どこか疲れている

ところがあるのに、

自分よりもスゴイ人たちを見て

「結果が出ていない、私はまだまだ足りない」

と自分にムチを打ってきました。

それももう、どこか疲れてしまい

セッションの相談に行きました。

【自分は自分であり、

自分を幸せにするのは、

物でも誰でもなく

自分しかいないんですよ】

そう竹田さんから聞いた時

セッションを受けることを決めました。

他人と比較をすると

自己否定ばかりで、

自己肯定感が低かったことや

ネガティブな感情に浸りすぎて

消極的で気力があまり湧かなかった自分に

おかげで気づきました。

今では、自然と人と比べる回数もどんどん減り

比べても前ほど劣等感に浸らずに済んでいます。

そのため、自己否定もしなくなっていき

削がれないぶん、気力が沸いてきます

セッション後は、水を飲むことを意識して

過ごしていただけですけどね。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてください
目次
閉じる