私だけ親から愛されていないと思っていました(新潟県│30代女性)

『私だけ親から愛されていないと思っていました』

≪新潟県│30代女性|Mさん≫

【RAS®(ラス)セッション体験談】

私には、兄がいて2人兄妹です。
両親は、共働きで土日でも
家にいることが少なく
一緒に遊んでもらった記憶が少ないです。

幼い時から、両親は
愛情をたくさんくれたという
感覚は私には、ありませんでした。

兄の方は、最初の子どもだからなのか
私が女でに行くからなのか
両親は兄を大切にしているかのように感じ
私はいつも「おにいちゃん、ばっかし…」
口癖のように言っていました。

母親は、私のことも「同じように…」
とは言うのですが、私にはそうは思えず
兄に対して嫉妬し、愛をくれない両親には
恨みさえ持っていました。

だからこそ、私を愛してくれる
男性を求めてきました。

男性から好みを聞けば、
好まれるように努力をし、
彼氏になれば
浮気されないよう
毎日行動をチェックし
束縛してきました。

それは、結婚してからも
子どもが出来てからも続きました。

「なんで、恋人の時のように
愛してくれないの?」

「私にをくれないのは
きっと、他の女性に
浮気しているからだ!」

と私の中で、勝手に思い
夫をどうにか変えられないか
竹田さんに相談しに行きました。

竹田さんの話を聞いて

「私が変われば、この苦しみ減るんだ~」

と思い、セッションを受けました。

原因だった幼少期の
「愛されていない」
という哀しみ
「愛されている」
感じたかった気持ちを
説明された時、

「なんで、分かったんですか?」

とその場で言ってしまうぐらい
ドンピシャで、ビックリしました。

それもそのはず、私の体に
聞いているですもんね(笑)

解放直後は「何が変わったの?」
と思うほどでしたが、
その日から、夫の行動を
チェックしなくなりました。

夫の方から、逆に
私の変化を心配されて、そこで初めて
夫の行動はどうでもよくなってた
変化に気づきました。

その後、母親とも話をしている時に
何を言われたから、そう感じた
というわけではないのですが、
「私って、こんなに愛さ(想わ)
れていたんだな~」と感じました。

愛されるって感じ
嬉しくもなって、イイですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご予約ご連絡はこちら

ご予約 & お問い合わせ