迷いや葛藤を無くそうと完璧主義になっていました【新潟県|40代男性】

ほほ笑む白い長Tを着た中年男性

迷いや葛藤を無くそうと完璧主義になっていました

(新潟県|40代男性|Uさん)

【RAS®(ラス)セッション体験談】

僕は、心にモヤモヤを抱えて

時にイライラしながら生きてきました。

自分の考えや判断に対し

迷いや(心の)葛藤があるのは、

自分の個性・本質に外れた考えや判断をしているからだ

と思っていました。

だからこそ、自分にとっての

「正解」を出すことを常に意識し

「その判断で良かったのか?」

「違う選択の方が正しいのではないか?」

と自分を疑い、生きてきました。

そこで、竹田さんのサロンに行き

より正しい判断をできるようにしてもらおう

と相談に行きました。

そこで、教わったのが

『モヤモヤの原因は

「抵抗(=葛藤)であり、それは

自分にとって

「正しいこと」「良いこと」だけをしたい!

でも、自分にとって

「正しい」「間違い」が分からない…

そこで起きるのが「抵抗(=葛藤)」です。

恐れや不安や傷や痛み

(破壊的な感情)などで、

抵抗(=葛藤)が起きます。

それは、完璧主義によるものです。

完璧を望むということは

失敗し、失望することを恐れているんです。

恐れて過ごす完璧主義では、

自分自身をリラックスさせること

はできませんよ!

自分の中に抵抗(=葛藤)があると気づき

その抵抗(=葛藤)が自分のため、そして

周りのために、なっていないことに

気づけるとイイですね。

「こうじゃなきゃいけない」

「こうあるべきだ」

と考えているうちは

抵抗(=葛藤)を自ら

作ってしまいますよ。』

そう教わり、僕は

【完璧主義を手放そう】と思いました。

その場で、個人セッションを申し込みました。

セッションをして今はまだ、数日後ですが

「あれ?いつのまに?」

という感じで、葛藤が無くなり、

「その考え(判断)で合っていたのかな~?」

と、とどまって考えることが

自然と減っていきました。

そのぶん、「まぁ~いっか~」

という考えが増えました。

仕事でも、完璧なモノを作って

提出しようとしてきました。

作るまでに時間がかかって

相手にも迷惑をかけていましたが

今では「完璧じゃなくてもいいんだ」

と思えるようになり、

途中でも相手に見せるようになり

改善・修正をかけるタイミングが

早くなり、仕事の作業効率が上がりました。

葛藤を無くそうと必死に

完璧主義になっていましたが

逆に完璧主義を手放すと

葛藤が無くなっていくんですね。

ほほ笑む白い長Tを着た中年男性

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてください
目次
閉じる