親への恨みや憎しみが消えました【新潟県│30代男性】

両掌に光が漏れている

【ストレス解放セッション体験談】


僕は幼少期から体が弱く、
色々な症状に
悩み苦しんできました。

そのため20代から
本格的に体調をくずしましたが、
両親はその苦しみを
理解しようとはしてくれませんでした。

そんな、
両親に対して
「恨み」や「憎しみ」を抱くように
なりました。

父に対しては
「愛されていない」
「嫌われ拒絶されている」

と感じ、
父の態度にいつもイライラしてきました。

母に対しては、
「こんな無情な世界に僕を産むなんて」
「なんで、病弱な体に産んでくれたんだ」
と常に怒りの感情を持っていました。

ケンカが絶えず、
親子関係はいつも悪かったです。

アンガー(怒り)マネジメントの本を読んだり、
セミナーに参加しても実際、
変わりませんでした。

「恨み」や「憎しみ」などの
怒りの感情をどうしたら手放せるか
と思っていたところ、
竹田さんのホームページを
ネットで見つけ、
ストレス解放セッションを
受けることにしました。

セッションを受けるまで
僕の中では「怒り」を手放すものと
ずっと思っていましたが、
「怒り」を作る原因となった
幼少期の「哀しみ」や

「虚しさ」や
「恐れ」の感情を手放すことで、
気がつくと
「怒り」が沸いてこなくなりました。

それから、
両親と顔を合わせるのが
苦ではなくなり、
会話も増えました。

会話が増えてくると
「こんなに(両親は)想ってくれていたんだ」
と感じるようになりました。

セッション後から
少しずつ
『自分を認める』ことができる
ようになり、
『自分には価値があるんだ!』
思えるようになってきました。

セッションだけではなく、
竹田さんから多くの事を学び、
気づかせて頂きました。

特に、
怒りなどの
感情をコントロールする
のではなく、
感情を手放すことの大切さ
を学び、体感しました。

新潟から
出張セッションをして
もらったことも助かりました。

両掌に光が漏れている

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてください
目次
閉じる