自己肯定感が上がりました(新潟県|30代女性)

自己肯定感が上がりました

(新潟県|30代女性|Fさん)

☆RAS(ラス)セッション体験談

「人に気に入られなかったらどうしよう」
「迷惑をかけたらどうしよう」
「人を傷つけてしまったら、どうしよう」
「私さえ我慢すれば…」

私は、そんなことを常に
考えながらビクビクして生きてきました。

周りからの評価を恐れて気を使い、
自分のことより人のことを優先して
頑張って、生きてきました。

初めての場所では、
周りから期待されることもありました。

でも、何をやってもうまくいかず
「なんで、私はできないんだろう?」
自分を責め我慢したり
無理をしたりして
うまくいかない時ほど
自分にムチを打って生きてきました。

自分自身が情けなくて
人生をやめたくなることは、しばしば。
そして、私を理解してくれる
人はいないと感じ、

誰もが自己都合ばっかり
「(本当の)友達なんていない」
悲しみにくれ、
人のせいにしていました。

そこで初めて、竹田さんの
解放セッションを受けました。

私の会話は常に
「○○さんが、こう言いました」
「△△さんに、ああ言われました」
「□□さんも、そう言いました」
という話ばかり。

他人の考えや価値感を基準に
自分の行動を決めていたのです。

自分の心で決めていると
思っていたのですが、
他人からどう見られるかを常に考え
「自分軸」ではなく「他人軸」
生きてきたことに気づきました。

そして、こんなに一生懸命
人のために生きて
人に尽くして
人の顔色を見て生きてきたのに

そんな頑張って生きてきた私を
周りの人が認めてくれなかったので
私自身を認めることが
できなかったんです。

私、自己肯定感が低かったんです。

いつも、私の口から出るのは
自分がどれだけダメなのか
という自己否定の話か
周りがどれだけ分かってくれない
酷い人たちなのかの
不平不満ばかりでした。

次第に年月が経つと、
友人や知人だった人たちも
私から離れていきました。

その人たちの事を私は
心の中で、実は恨んでいました。

セッションを受けてから
心に余裕ができました。
自信が持てるようになり
「ありのままの自分」
少しずつ認めるようになりました。

「あっ、これが
自己肯定感が上がるってことね」
って、体験して初めて分かりました。

周りの目を気にし過ぎる私が
自分らしく生きるためには
ありのままの自分を認め
「自己肯定感が上がる」ことと
自分の心を犠牲にしない
「自分軸で生きる」ことが
欠かせませんでした。

私の体験が伝わっているか
分かりませんが、
心が解放された感じです。

「自分はダメなんだ~」から
抜け出す体験を、みなさんにも
して欲しいですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご予約ご連絡はこちら

ご予約 & お問い合わせ