被害者意識を手放し、言い訳をしなくなりました【新潟県|30代女性】

(新潟県|30代女性|Iさん)

【RAS®(ラス)セッション体験談】

私の職場には、私ばかりを責めてくる人がいました。

私はそこにいただけで

何も悪いことをしていないのに、

責められてしまうんです。

それが嫌で嫌で、

部署を変えてもらいましたが

それ以降、先輩や上司から

指摘や指導を受けていても

なんだか批判されているようで

責められているように感じていました。

「批判されたくない!」

「責められたくない!」

そう思い「(私は)悪くないんです」

という気持ちを分かって欲しくて

状況の説明や心境を話しすることが、多かったです。

「(自分を正当化するための)言い訳が多い」

「いつまで、被害者(意識)のままでいるんだ」

とある日上司に叱られました。

「私は被害者意識のままだから

言い訳をしてしまうんだ!」

と、そんな時に気がつきました。

でも、どうしたら被害者意識を手放せるのか、

本を読んだり、セラピーを受けましたが、

結局、あまり変わらずでした。

たまたま、ネットで見つけた竹田さんのもとに

ダメもとの気持ちで行きました。

竹田さんから

「被害者も加害者も存在しないんです」

と言われ、最初は頭が「?」でした。

だんだんと(竹田さんの)話に引き込まれ

(話の)意味は分かってきたのですが

被害者意識の感覚はありましたので

その場で、セッションをお願いしました。

その日は「(効果が)

なんだかよく分からない」

と思っていたのですが、

後日、仕事の中で(上司から)

私が責められているのではなく

説明をしてくれているだけだ

と思える回数が増えてきました。

「言い訳が減ったね」

と、先日上司からも言われました。

セッションを受けてみて良かったです。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてください
目次
閉じる